医院概略

〒870-0027
大分県大分市末広町1丁目1-18
大分駅前ニッセイビル14階
TEL:097-536-1400
FAX:097-536-1444
E-Mail:お問い合わせはこちら≫

※大分空港からはエアライナー(バス)で1時間、終点の大分駅より1分です。

診療時間
平日(月曜~金曜)10:00~19:00
第1・3日曜日9:00~17:00

予防のプログラム

エアーブレージョン(プロフィー)・PMTC

エアーアブレージョン

アパタイトの微粒子を歯に吹き付け汚れを落とします。

PMTC

専門的機械的歯面清掃


治療前

治療後


治療前

治療後


デンタルエステ(エアーアブレージョン、PMTC):歯の表面に付着した汚れを落とし、ピカピカにします。タバコやヤニもきれいにとれます。歯の持つ本来の輝きを取り戻すことができ、虫歯や歯周病の予防にもなります。

プラークコントロールプログラム デンタルフロス、歯間ブラシ、P.M.T.C

>>今回は、プラークコントロールプログラムについて御紹介して頂けるんですよね。

福山>>はい。これは、イグザミネーション(総合的な診査)、コンサルテーション(診査の結果、治療計画、治療費の説明)が終了し、治療に入った直後に行う大切な段階にあたります。

>>プラークコントロールプログラム=〃生涯にわたる予防計画〃だそうですが、どのように進めるのですか。

福山>>初めは、問珍によりお口の中に対する意識について、患者さんと一緒にコミユニケーションを図って行きます。また、カリエス(ウ蝕)、歯周病の原因を説明し、今後の口腔衛生を保つためのアドバイスをします。

>>健康なお口づくりの基本ですね。

福山>>そうですね。更に、鏡で患者さん自身にも口腔内を観察してもらい、レッドコート(染色液)を使用して、よく管理されている所、そうでない所を見て頂きます。初回は主にブラッシングの基本的な操作方法をアドバイスしていますね。また、歯ブラシ・歯間ブラシ・デンタルフロス等の使用方法を紹介したり、プラークコントロールの大切さを理解して頂くのが第一段階です。

>>自分自身で磨く方法はいくつもあるんですね。

福山>>ええ、そうなんですよ。自分自身で正しく予防していくためにも、デンタルフロスに慣れてもらったり、歯間ブラシの必要な方には、なぜ必要なのか、また、それがいかに心地良い口腔内を保つことのできるものなのかを体験した上で理解して頂きます。その後、除々に段階を追ってプラークコントロールプログラムを進めていくわけですが、回を追うごとに出血や歯肉炎がよくなり、プラークコントロールの効果を確実に実感できると思います。

>>こちらには歯科衛生士専用の診療室があるそうですね。

福山>>はい。3名の衛生士によって、プラークコントロールプログラムやリコール(定期検査)、P.M.T.C等を行っております。P.M.T.Cとは左の写真でも紹介していますが、機械的に完全に隅々までお口の中をきれいにするものなんですよ。このように、生涯を通して自分自身で正しく口腔内を予防するためにも、プログラム等を進める歯科衛生士の役割は非常に大切なものだと考えています。

>>本日はありがとうございました。

リコール 治療後の定期検査

>>先生、今月号では治療後に継続的・に行われる”リコール”について詳しくお話していただけるそうですね。

福山>はい。これはすべての治療が終了してから約6ケ月にl回の割合で行う”定期検査”のことをいいます。

>>どのような検査を行っているのですか?

福山>新たなウ蝕や歯肉及び歯周病のチェック、咬合に異常はないか、また日頃のお手入れの状態や入れ歯の安定は良いかなどを、私や歯科衛生士が担当の患者さんのお口の中を細かく診ていきます。また約2年にl回レントゲンを撮り骨の中の状態も確認しています。下の表は歯科衛生士による患者さんへの定期検査報告書の記入例です。

>>どの患者さんのことも細かくチェックしていますね。

福山>はい。リコールは治療後に健康なお口の中をいつまでも快適に保っていただくための大切な治療システムの一つです。今回の症例の患者さんは私が10年ほど前に治療をした方ですが、今でもリコールにおいでになっていて、大きな問題もなく健康なお口の中を維持しているんですよ。

>>きれいな歯を保っていますね。それにとても幸福と信頼感溢れる表情をしていますよね。

福山>健康なお口の中を保つことは、患者さん自身の責任と我々の専門的なケアが一つになってこそ可能になると思います。この方初診時からリコールまでいつも前両きな姿勢を持って下さったことと、私との深い信頼関係を保つことができた結果、お日の中に対する安心感を持ち続け、信頼に満ちた表情をなさっているのだと思います。リコールを行うことで、どこか悪くなってからの治療ではなく、その前の段階での予防が可能になります。そして患者さんが定期的に今の自分のお口の中の状態を確認することで、再度、予防に対する意識を高めて頂くことにもなります。