医院概略

〒870-0027
大分県大分市末広町1丁目1-18
大分駅前ニッセイビル14階
TEL:097-536-1400
FAX:097-536-1444
E-Mail:お問い合わせはこちら≫

※大分空港からはエアライナー(バス)で1時間、終点の大分駅より1分です。

診療時間
平日(月曜~金曜)10:00~19:00
第1・3日曜日9:00~17:00

顎関節症治療例

17歳男性、顎関節症III型(クローズドロック;開口障害)・咬合不全の治療

治療前

左顎関節の咬合痛、開口障害(30mm[通常40mm以上])を主訴にご来院なさった。
一般検査(視診・触診・簡易咬合検査・X線検査等)の結果、顎関節症(III型、左クローズドロック)と診断し、応急処置(生活指導・理学療法・薬物療法) を行い、経過を観察。2週間後には、咬合痛は軽快し、開口障害は間欠的となった。
そこで、追加の詳細咬合検査(咬合模型検査・キャディアックス検査)、X線検査(セファロ分析) を行なった。その結果、咬合不全(早期接触・咬合干渉・咬合支持の喪失)、顎関節の圧迫等が認められ、適正下顎位(TRP)を設定した矯正治療を実施した(GEAW法;ゴムメタルワイヤー使用)。
(治療に先立ち、埋伏していた4本の智歯は抜歯)    

治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前

治療後

治療後は、咬合不全・開口障害が解消し、スムーズに開閉口できるようになり、何でも快適に噛めるようになった。また、すきっ歯も解消し、審美的にも十分満足なさった。
治療期間は10ヶ月程であった。現在、定期的にリコールを行なっているが、全く問題はない。

治療後
治療後
治療後
治療後
治療後
治療後


成人の骨格性上顎前突症、過蓋咬合、ガミースマイル、重度叢生、顎関節症、偏頭痛

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前
治療前

治療後

治療後
治療後
治療後
治療後
治療後

MEAWを用いた唇側矯正治療ならびにセラミック冠による咬合再建治療

MEAW(ループを多く使って自由に歯を動かせるワイヤー)を用いた唇側矯正治療で、歯列幅の拡大には、ゴムメタルワイヤーを用いた。
治療前は、顎関節症と偏頭痛に悩まされ、毎日鎮痛剤と強い偏頭痛薬を内服していたが、月に3〜4日は偏頭痛が強いため仕事を休まざるを得ない状態でした。治療後は、鎮痛剤は全くいらなくなり、極稀に偏頭痛薬を飲むのみとなり、仕事を休むこともなく健康となられた。

※偏頭痛は、咬合だけが原因ではなく中枢性(脳)の問題もございますので、個人差がこざいます。